外国人受け入れを ご検討中の採用担当者様へ | プロプロ株式会社

外国人受け入れをご検討中の採用担当者様へ

>外国人受け入れをご検討中の採用担当者様へ

高度専門職とは

外国人高度専門職とは、専門的な技術力や知識を有する人材のことです。
海外から優秀な人材の受け入れを促進するために「学歴」「職歴」「年収」「年齢」「その他ボーナス」の観点から点数化し、一定以上のポイント(70ポイント)に達した外国籍人材は「高度専門職」のビザを取得した方が対象です。

高度人材は以下の3つの種類のいずれかに当てはまる活動を行う外国人が対象になります。

①高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」
 本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究、研究の指導または教育をする活動。

②高度専門・技術活動「高度専門職1号(ロ)」
 本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学または人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動。

③高度経営・管理活動「高度専門職1号(ハ)」
 本邦の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動。

 

メリット
  • 1.優秀な人材を確保できる。
  • 2.社員に刺激を与えて社内が活性化する。
  • 3.海外進出時の戦力となる。
  • 4.新しいアイディアが生まれる。

特定技能生とは

特定技能外国人を受け入れる分野は、生産性向上や国内人材確保のための取組を行ってもなお、人材を確保することが困難な状況にあるため、外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野(特定産業、14分野)です。

在留資格「特定技能」は、以下の2種類があります。

・特定技能1号
 特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格
・特定技能2号
 特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

 

メリット
  • 1.人材不足に対する対策法。
  • 2.技能実習生の延長で即戦力雇用の維持。
  • 3.2号業種であれば終身社員としても考えられる。

技能実習生とは

外国人技能実習制度とは、外国人の労働者を一定期間日本国内で技能実習生として雇用し、さまざまな分野の技能を修得してもらおうとする制度のことをいいます。
特に発展途上国の経済面・技術面の発展を担う人材を育成するために制定されたものです。

外国人技能実習制度は建設業やホテル、介護等幅広い職種で受入が増えています。しかし、どんな職種でも受入ができるというものではありません。 現在、技能実習生の受入ができる作業は現在80職種144作業での受け入れが可能となっております。

 

メリット
  • 1.国際貢献、国際化。
  • 2.実習生たちの仕事に対する姿勢や勤勉さに触れた既存社員によい刺激となり、社内の活性化につながる。

外国人労働者雇用についてのご相談はPROPROへ

                          お気軽にお問い合わせください。